HOME » バイクを売る前に知っておこう! » 高く売るコツってあるの?

高く売るコツってあるの?

バイクを売る前に知っておきたいこと。その第一として、ここではバイクを高く売るためのコツについて見ていきましょう。

1円でも高くバイクを売るためには

大切な愛車を手放すわけですから、どうせなら1円でも高く売りたいというのが心情というもの。しかし、ただ目に留まったショップに、ただ査定に出して、ただ売却するだけでは当然、それは望めません。

では、バイクを高く査定してもらい、高く売るためにはどのようなポイントを押さえればよいのでしょうか?はじめに知っておくべきポイントは、バイクの売却方法です。バイクを売却する方法は、おもにオークションと買取業者があります。

単純にどちらが高く売れるかでいうと、落札価格のつり上がるオークションのほうが高値で売却できるでしょう。ですが、オークションの場合は出品から交渉、発送、法的手続きなどすべての作業を自分1人でしなければいけません。その労力たるや、わたしたちが想像しているよりもかなりのものです。

それを鑑みると、相場価格から大きく跳ね上がることはないものの、買取価格も安定していて、手間もかからないバイク買取業者に依頼したほうが、長い目でみるとお得だといえます。

バイクを高く売る秘けつ

買取り相場を知っておく

何よりもバイクを売る前にまず知っておきたい、押さえておくべきは買取相場です。

愛車がいくらくらいで売れるのかおおよその相場観がないと、査定で足元を見られたり高値で売れる売りどきを逃したりすることになります。相場と鑑みて、どう見ても査定額が低いようであれば無理に売る必要はありません。

相場知識を身につけていければ、業者の査定士と交渉する材料にもなります。まずは、業者がだした査定額が妥当なものなのかどうか、見極める判断材料をえて知識武装しておきましょう。

売却意思をハッキリと示す

バイクの査定を依頼する人すべてが、本気でバイクを売却する気があるわけではありません。

実は、査定士はそんなわたしたち査定依頼者の「売却本気度」も見ているのです。冷やかしなのか、査定額を知りたいだけなのか、条件次第で売るのか、いくらでもいいから手放したいのか…など、本気度や人柄まで見たうえで査定額に多少の色がついたりする場合もあります。

売却意思の本気度が高ければ高いほど、査定士の本気度もあがるものです。しかし、査定額を知りたいだけの場合も無下にされることはありません。あらかじめ「すぐに売るつもりはない」「査定だけしてもらいたい」ときちんと伝えておけば、大抵の業者はしっかりと査定額を伝えてくれます。要するに、査定でもっとも嫌われるのは、単なる冷やかしなのです。

また、査定額について交渉する際は、ゴネたりクレームをつけたりするのではなく、「ほかの業者にも査定をお願いしている」「複数社の査定額のなかでもっとも高いところに売却したい」という現状や希望を素直に伝えること。査定士も人ですから、好印象を与えて得することはあっても、心象を悪くしてもいいことはひとつもありません。

コミュニケーションは積極的に

査定をしてもらうときには、査定士とよくコミュニケーションをとることも、バイクを高く売るための重要なファクター。たとえば、「週1回は定期的にメンテナンスしていた」「露天駐車ではなく、キズがつかないようガレージを借りて駐車していた」など、ふだんから大切にあつかい、状態がいいかをアピールするといいでしょう。

また、「必死でお金を貯めて買った」「このバイクでどこそこへツーリングへ行った」などバイクへの思い入れを語り、バイク愛を伝えるのもありです(あまり熱く語りすぎると、ウザい、と思われるのでほどほどに)。査定士もバイクを愛するものですから、オーナーのバイク愛が伝われば多少の上積みしてくれることも少なくないのです。

ただし、事故歴などを隠したり、ウソをつくのは絶対やめてください。相手も査定のプロシェッショナルですから、どんな些細な瑕疵でも見逃してはくれません。一度信用をなくせば査定額が上がることもありませんし、「まだ怪しいところがあるんじゃないか」と勘繰られるだけ。

不都合なことでも事前にきちんと話しておけば、そのなかで最大限の評価をしてくれます。

高額査定が期待できるおすすめのバイク買取業者はコチラ

高く売れる時期がある

バイク好きの方ならいうまでもないでしょうが、バイクには1年のなかで「売れるシーズン」があります。

それは春です。学校の卒業とあわせて購入したり、春休みやゴールデンウィークにあわせて買い替えたりする人が多く、とくに4月がもっともよく売れる時期。7~8月も夏休みがあるため、春についで買い替える人が増加します。

反対に秋~冬は、バイク売買もオフシーズン。バイクは寒さがいっそう身にしみるだけに、ライダーたちも買い控えるようです。つまり、需要と供給の原則からいえば、バイクの売りどきは春先、ということ。需要の伸びが期待できるときに査定に出せば、より高値で売却できる可能性が高まります。春のオンシーズン前に業者が仕入れを強化する、2~3月くらいに売るようにするといいでしょう。

反対に、夏が過ぎ、秋に入ってしまうとあとは査定額も下がる一方。そして年末年始が底値に。だからといって、春まで待つのも考えものです。年が明ければバイクの年式が1つ古くなるため、ものによっては査定額に影響する可能性も。そのようなケースではできるだけすみやかに査定してもらい、価格が下がりきる前に手放したほうが損はありません。

また、梅雨どきとなる5~6月も、春、夏にくらべると売れ行きはやや落ちてしまいます。

日々のメンテナンスを怠らずに

バイク個々の査定額に大きく響くのが、バイクの状態です。

バイクの査定では、相場価格から減点方式で査定額をマイナスしていく方法はよく見られます。その際、もっともマイナスポイントとなりやすいのが、「エンジンまわりの異音・不調」「バッテリーの不調」、そして「ボディのキズ・サビ・凹み・変形」。

これらのポイントはメンテナンスや取りあつかいに注意していれば、十分に避けられるものばかり。要するに、いかに日ごろからバイクを愛し、手をかけて大切にしてきたかがダイレクトで査定額に反映されるのです。

逆にこうしたマイナスポイントのない、状態のよいバイクであれば査定額も高くなる、というわけです。それに日ごろから大切にあつかっているのであれば、バイク愛を語るうえでも有利なポイントとなります。

プロばりのメンテナンスをするのは大変でしょうから、最低でもオイルを定期的に交換しておく、汚れやサビに気づいたらその都度落としておく、などの手入れはしておきましょう。

査定前に洗車をしておく

どんなにエンジンの状態がよくても、見た目が薄汚れていてはバイクの印象が悪くなってしまいます。そうすると、少なからず査定額に影響することも考えられます。

とくに、しばらく乗っていなかったバイクは要注意。ほこりや泥まみれになっていたり、雨の水アカがこびりついていたりするとマイナス査定になりかねません。目に見える部分だけでもしっかりと洗車し、ピカピカの状態で査定へ出すのは必須です。

これは当日でもできることなので、めんどくさがらずにバイクをきれいに仕上げておいてください。可能であればエンジン回りもクリーンナップしておくのがベスト。

また、エンジン以外にもマフラーのガスケット付近の排気漏れ、2サイクルの場合はナンバープレート・テールカウルなどにオイルが排気ガスとともに飛び散り、こびりついているケースも目立つので、これらの部分もチェックしておきましょう。

高く売るコツまとめ

上記ポイントを押さえておけば、バイクを高く売ることはそう難しいことではないのです。なかでも、日ごろのメンテナンスにはとくに気をつけるようにしましょう。

相場はすぐに調べられますし、査定士とのコミュニケーションもその場で対応できます。しかしメンテナンスだけは付け焼刃ではどうにもなりません。

風雨にさらされない場所に保管する、キズがつかないよう無理なすり抜けや運転はしないなど、メカニック的なメンテナンス以外でも気をつけておきましょう。

また、事故車や故障車であっても、メンテナンスをしっかりしてコンディションさえよければ、無事故車同様とまではいかなくとも十分に高く売ることはできます。

バイク買取業者によって査定額にも多少なりとも差が出ますので、あきらめずに高額査定してくれる業者を探しましょう。

こんな業者には要注意!

優良なバイク買取業者であれば、わたしたちオーナーの立場になって誠実に査定してくれます。ですが、残念ながら不誠実な悪徳業者が存在しているのも事実。

売れるまで居座る

悪徳業者のトラブルでよくあるケースが、出張査定での「居座り」です。

出張が無料だからと頼んだら、どう考えても相場より低い査定額を提示してきます。もちろん、査定された提示金額では売却できません。しかし、その旨を伝えても彼らは一向に帰らないのです。

それどころか、「このタイミングで売らないと損をする」「相場よりも状態が悪いのでこれでも高い」などとあれこれ御託をならべ、それでも応じないと見るや、高圧的な態度でなかば脅すように成約をせまることも。とくに相手が気弱そうな人や女性だと威圧してきて、早く帰ってほしいがためにしぶしぶ売ってしまう、というわけです。

「その査定額では売れません」「これ以上交渉することはないのでお引き取りください」とはっきり言っても帰らないようなら、悪徳業者とみなしていいでしょう。

悪徳業者には毅然とした態度を

しかし、彼らは毅然とした態度をとる相手には強く出られないのが弱点。強い口調で帰ってくれと一喝するか、「帰らないのであれば警察を呼びます」と言えば、多くは苦虫をかみつぶしたような顔で去っていくでしょう。

それでも帰らなければ、無視です。そんな輩はもう放っておいて、家のなかでいつものように過ごしてください。交渉の余地なしと態度で示せば、すごすごと帰らざるをえません。

査定金額で選んだバイク買取おすすめ業者BEST5

Copyright (C) 高額査定が狙えるバイク買取業者まとめサイト All Rights Reserved.