HOME » バイクを売る前に知っておこう! » カスタムしちゃったんだけど売れる?

カスタムしちゃったんだけど売れる?

このページでは、バイクを売る前に知っておきたい知識として、カスタム車の査定について解説していきましょう。

意外にリスキーなカスタムバイク

バイクに思い入れがあればあるほどカスタマイズしてしまうのは、バイクを愛するもののさがでしょう。しかし、査定においてカスタムされたバイクはデメリットとなってしまうこともしばしば。ディーラーで下取りしてもらうときには、マイナス査定になることはあってもプラスに査定されることはありません。

ですが、バイク買取業者のなかには人気の高いカスタム車であれば、反対に高額査定となることもあります。

純正部品を取っておこう

ディーラー同様、カスタムバイクの買取に消極的な業者ももちろん存在します。そうした業者に買い取ってもらうときは、純正部品もあわせて売りに出すこと。カスタム車に消極的な業者は、この純正部品のあるなしで、大きく査定額が変わってくることも珍しくないのです。

純正部品はオークションなどで高値で売れることがありますが、それがバイク査定時にはあだとなってしまうことも考えられます。ですから、バイクをカスタマイズする際は必ず純正部品も保管しておくようにしておきましょう。あわせて、カスタマイズも純正部品が戻せることを前提としたレベルにとどめておくほうが良いでしょう。

カスタムバイクも買取OKなおすすめのバイク買取業者はコチラ

なぜ純正部品が必要なのか

なぜ純正部品のあるなしで、査定額に大きな差が出ることがあるのでしょうか。

それは、カスタムバイクはどうしても「乗る人」を限定してしまうからです。カスタマイズにはその人の個性が反映されますから、その個性と相いれる人がいなければバイクが売れることはありません。個性が強烈であればあるほど、その傾向は強くなります。

誰にでも受け入れられるようなセンスの高いカスタムなら問題ないですし、むしろファンが多ければ査定額も上がる可能性があります。

カスタムバイクを売却したい場合は、カスタムバイクを積極的に買取っているとうたっている業者を選ぶと良いでしょう。

査定金額で選んだバイク買取おすすめ業者BEST5

Copyright (C) 高額査定が狙えるバイク買取業者まとめサイト All Rights Reserved.